2019/10/01

UVケアだけでなく、シワ対策と美白もできる!フラバンジェノールのサプリメント「リブランコート」

 

この記事を書いている人 - WRITER -
日本化粧品検定1級。コスメコンシェルジュ。
美容に関するサイトを運営しています。
10代のころから敏感肌&ニキビ肌で、顔がいつも真っ赤。 大人になってからは外回り仕事が原因でシミが多発。 常に肌トラブルに悩まされていました。
スキンケアの基礎知識を学び、最新情報も積極的に取り入れ、40代でやっと念願の美肌を手にれることができました。 せっかく得た知識を、同じように悩んでいる方とシェアしたくて資格を得ました。
このブログでは、スキンケアで最も大事な紫外線対策と、できてしまったシミへの対策に絞って書いていきます。

「食べるコスメ」フラバンジェノールのUVケアサプリ

飲む日焼け止めサプリと言えば、フェーンブロックやニュートロックスサンが有名な成分ですが、最近はそれ以外にも色々登場しています。

その中で                    

わっ、めっちゃええやん!

これならずっと飲み続けたい!

と思ったのが、フラバンジェノールのサプリメント「リブランコート」。

すごく良いと思った点は、

ニュートロックスサンのような「日焼け止め専門」な成分でなく、そのほかの美容の悩みにもマルチに対応できるところ。

(フラバンジェノールのサプリは、その効果から「食べるコスメ」と呼ばれることもあります)

さらに価格がUVケアサプリとしては安価なので、年間通じて継続しやすい点にも惹かれました。

  • メーカー:ミスミ製薬(日本)
  • 商品名:REBLANC COAT(リブランコート)
  • 内容量:60粒(1日2粒で1か月分)
  • 主成分:フラバンジェノール 2粒当たり40㎎配合

 価格は、

  • 毎月1袋の定期→(初回)1,975円(2回目以降)4,740円
  • 3か月ごと3袋の定期→(初回)一袋当たり3,160円(2回目以降)3,950円

※いずれも初回のみでの解約可能。送料無料。全額返品保証付き。

販売サイト(↓)

REBLANCCOART(リブランコート)美白訴求

UVケア効果…メラニンの産生抑制

フラバンジェノールは東洋新薬の特許成分で、同社がその効果に関する研究成果を次々と学会で発表しています。

フラバンジェノールの特徴は、何と言ってもそのすさまじい抗酸化力。

抗酸化パワーはビタミンCの600倍、コエンザイムQ10の250倍というから驚きです。

紫外線を浴びることで発生する活性酸素と徹底的に戦ってくれるので、それだけでもかなりのサンスクリーン効果がありますが、ほかにもまだあります。

2015年に学会で発表された、東洋新薬の研究内容がこちら(↓)。クリックしてご覧ください。

『フラバンジェノール®』がシミの原因となるメラニン生成への連鎖反応「メラニンカスケード」を遮断する新知見を発表

…とても難解ですね(汗)

もう少し分かりやすい図解をお借りしました(↓)

(引用元:美白対策!メラニンの生成を徹底ブロック 東洋新薬『フラバンジェノール®』のシミ予防のメカニズムを解明

ものすごく平たく言うと、

紫外線に当たると、肌の細胞は

「わっ!UVAとUVBが入ってきた!メラニンを作って身体を守れ!」

と細胞同士に次々と伝達して、シミの元であるメラニンを作るわけです。

フラバンジェノールは、その伝達を初期の段階で遮断してくれる働きがあり、結果的にシミのできにくい肌にしてくれるようです。

日焼け止めに特化しているフェーンブロックやニュートロックスサンのように、「飲んですぐ◯時間効果が続く」とか、「体内に蓄積して◯ヶ月後に効果がマックスになる」とかのような、日焼けに対してハッキリした数値は出ていません(あるかもしれないけれど、ネットの検索では出てきませんでした)。

そのため、UVケア効果だけに関して言えば、フェーンブロックやニュートロックスサンのほうが効果が大きいかもしれません。

しかし、長期で安心して摂取することができ、ほかにも美容効果があることから、春夏だけでなく年間を通じて摂取するのに適しています。

シワ&シミ&くすみケアが可能

ブラバンジェノールは、その強力な抗酸化作用からエイジングケアにもマルチ対応できます。

東洋新薬の研究で、6ヶ月間、毎日40mg 摂取した際の効果が検証されています。

その関連記事を「ブラバンジェノールの特性」から引用しました↓

記事内の画像で、シミもシワもくすみも改善されている様子が分かります。

ハッキリした結果を見ると、継続して摂取したくなりますね。

リブランコートは、2粒でこの検証と同じ量の40mgを摂取できるので、半年続けたら同じ結果を得られるかも(個人差あり)。

また、このほかにも各種実験で、フラバンジェノールには抗糖化、血流改善、コラーゲン合成作用などがあることも分かっています。美容(美白)だけでなく、全身のエイジングケアまでサポートしてくれるなんて、頼もしい!

リブランコートの粒の大きさ、味、栄養成分

小さな粒なので(直径7㎜)飲み込みやすいです。

ほのかにフルーツのような甘酸っぱい味があり、美味しく摂取できます。

2粒あたりの栄養成分(↓)

ブラバンジェノールは高濃度の40mg。

さらに、美容ビタミンの「ビタミンACE」も含まれています。

フラバンジェノールはビタミンCを保護する作用が強いらしいので、ビタミンCが入っているのは理にかなっています。

このほかに、レッドオレンジ抽出物、ザクロエラグ酸、アサイー、アムラといったポリフェノールたっぷりのスーパーフードが原料として使われています。

さらに、米グルコシルセラミド、プラセンタ、ヒアルロン酸も。

フラバンジェノールとピクノジェノールの比較

フラバンジェノールの原料は、フランス南西部の海岸松の樹皮です。

海から吹き付ける風と強烈な紫外線から身を守るため、樹皮の厚みが日本の松の2倍もあり、抗酸化力の強いポリフェノールがたっぷりと含まれています。

フランス南西部の松と言うと…サプリ通の人はピクノジェノールを思い浮かべると思いますが、そう、ピクノジェノールとフラバンジェノールは原料が同じなのです。

ピクノジェノールは ホーファー・リサーチ社 が、フラバンジェノールは東洋新薬が開発したもので、抽出方法が異なるようです。

ピクノジェノールのほうが歴史が古く、実験データが豊富で、世界中で流通しているのですが…

あくまでネット情報ですが、

抗酸化作用に関して言えば、ピクノジェノールは ビタミンCの340倍 に対し、フラバンジェノールは ビタミンCの600倍 らしいので、フラバンジェノールのほうがパワーが上かも?

どちらも様々なサプリメントが販売されていて、価格にはそれほど差が無いようですが、濃度が高そうなものは双方お高めです。

まとめ:リブランコートを年中続けたい理由

  • ビタミンCの600倍の強力な抗酸化作用に安心感が持てる
  • UVケアだけでなく、さまざまなエイジングケア効果が期待できる
  • フラバンジェノールが高配合(さまざまな検証と同量)
  • 大きさ、味ともに飲みやすい
  • 長期で続けても安心
  • まとめ買いなら、かなり割安になって価格的にも続けやすい

フェーンブロックやニュートロックスサン系のUVケア特化サプリメントは春夏にはとても良いのですが、日焼け止めだけのために秋冬も継続するのはなかなか大変。

その点リブランコートは色々な利点があるので、UVケアサプリというより「食べるコスメ」感覚で楽しく続けられそうです。

私はとりあえず、半年間を目標に毎日の生活に取り入れてみます!

REBLANCCOART(リブランコート)美白訴求
この記事を書いている人 - WRITER -
日本化粧品検定1級。コスメコンシェルジュ。
美容に関するサイトを運営しています。
10代のころから敏感肌&ニキビ肌で、顔がいつも真っ赤。 大人になってからは外回り仕事が原因でシミが多発。 常に肌トラブルに悩まされていました。
スキンケアの基礎知識を学び、最新情報も積極的に取り入れ、40代でやっと念願の美肌を手にれることができました。 せっかく得た知識を、同じように悩んでいる方とシェアしたくて資格を得ました。
このブログでは、スキンケアで最も大事な紫外線対策と、できてしまったシミへの対策に絞って書いていきます。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美容マニアの紫外線&美白対策 , 2019 All Rights Reserved.